効用と再発のリスク

効用と再発のリスク

効用と再発のリスク がん治療のひとつの選択肢にあがることがあるのが抗がん剤です。
がん細胞の抑制や転移の予防、あるいは成長を遅らせるなど、様々な効用に期待することができます。
手術や放射線治療と違い、広範囲への対策にもなるため、有効な薬物療法として広く行われています。
ただ、デメリットとして抗がん剤では完全にがんを治すことができないことが挙げられます。
従って投与を止めることで再発をしてしまう可能性が捨て切れず、そのリスクを踏まえながら行う必要がある治療です。
それならばずっと続ければ良いのかというとそうでもありません。
その他にもデメリットに、副作用が起こる可能性や金銭的な問題で根本的に継続をすることが難しい場合もあるでしょう。
また、抗がん剤は全てのがんに有効なわけではなく、種類によっては効かない場合もあるため、万能薬なわけでもありません。
一定の効果には期待ができますので優れた治療と言える一方で、知っておくべく欠点も存在する治療法なのです。

抗がん剤による治療の効用とは?免疫ができるのか?

抗がん剤による治療の効用とは?免疫ができるのか? 日本でも多くの人が患っており根治を目指して治療を受けているさまざまな種類の癌は、一昔前の時代とは違って不治の病では無くなってきています。
病気に対する研究をはじめ、医療技術や薬剤の開発や研究が進む中で早期発見と病気や身体に適した治療によって根治出来る可能性が広がっています。
癌治療の一つで広く利用されている抗がん剤による治療とは、抗がん剤を点滴や注射、あるいは経口で取り込むことによってがん細胞の増殖や進行を抑えたり、がん細胞を攻撃する事によって治療を行います。
がん細胞に対する局所的な治療法として行われる手術などとは違って、抗がん剤治療は身体全体の広範囲に効用がある為に、全身に潜んでいるがん細胞を攻撃してくれます。
手術の際に画像検査では見つけられない小さな転移などを根絶させる事も期待できます。
他の臓器に転移したり、再発した場合においては進行を抑えることで延命効果を意図したり、生活の質を高めるために症状を和らげる目的でも使用するのです。
現在は100種類以上の抗がん剤がある為に、組み合わせなどによってより効果の高い治療法を探すことが出来ますが、長期間使用した場合には、がん細胞が薬剤への免疫力を付けて耐性を獲得してしまう場合もあり、その効果が減少する場合もあるのです。

新着情報

◎2018/9/13

サイト公開しました

◎2018/7/24

サイト公開しました

◎2018/6/29

サイト公開しました

「癌 再発」
に関連するツイート
Twitter

ばあちゃん再発してた せっかく治ってたのに糞萎え

炎症性再発だから 根治は不可能 そして今 私の前には二枚のカードが広げられている 新たな命の創造というカードには この先急ピッチでを促進させる危険が伴う 余命は二年か三年か もう一枚のカードには 死へと向かうなだらかな道筋が描かれている。

音楽家・映像作家の加藤秀樹さん(いわき出身)がパートナー女性の再発から亡くなるまでを包み隠さず追った約20分の映像作品。詩的な内容ですが、自分が「その日々」を迎えた時にどう過ごすかのヒントになった気がします。16分55秒頃に僕もちらっと映りますがお許し下さい。 youtube.com/watch?v=rItYPF…

2年余り前から「リーウマチ性多発筋痛症」に成ってステロイド剤(プレドニン)を飲んでいるのだが鉄欠乏性貧血になって困った。ところが納豆を食べたら治った。納豆菌、ビヒズス菌、乳酸菌が腸には必要だったという事。後は膀胱再発しないようにビールをたくさん飲もう、ってこれは根拠なし。

RT @CIAWilloughby: ほら。 #kokkai 抗がん剤「不要」7割 早期乳がん 再発恐れ中程度でも 米誌で発表(日本経済新聞朝刊 2018年6月6日) 自治体の乳がん検査が胸部X線検査の1,000倍の被曝リスクがある事すら知らずに定期的に受けてになるマンモ…

Twitterずんだ餅を食いすぎた男 天一国キラー@zundadungo

返信 リツイート 16:06

RT @CIAWilloughby: ほら。 #kokkai 抗がん剤「不要」7割 早期乳がん 再発恐れ中程度でも 米誌で発表(日本経済新聞朝刊 2018年6月6日) 自治体の乳がん検査が胸部X線検査の1,000倍の被曝リスクがある事すら知らずに定期的に受けてになるマンモ…

Twitterミントン@ウヨではないヲタク@crimermint3324

返信 リツイート 12:58

RT @CIAWilloughby: ほら。 #kokkai 抗がん剤「不要」7割 早期乳がん 再発恐れ中程度でも 米誌で発表(日本経済新聞朝刊 2018年6月6日) 自治体の乳がん検査が胸部X線検査の1,000倍の被曝リスクがある事すら知らずに定期的に受けてになるマンモ…

返信先:@ib_yj 細胞ってやつはどうも諦めが悪いんだな……(以前も一度葬ったにも拘らず再発した細胞が居た事を思い返しハァ、と呆れた様に溜息を吐いて)僕はこう見えて忙しいんだよ、ティータイムの邪魔はしないでくれないか。

...うつ病(双極性障害Ⅱ型)を受け入れていったのか   メンタル疾患は症状が良くなったとしても「治癒(ちゆ)」ではなく「寛解(かんかい)」という言葉が使われます。   実際、「寛解(かんかい)」は、(がん)などの再発の危険性を否定できない疾患でも使われる言葉ですが、それだけメンタル疾患の再発率が高いという事が伺えます。 再発率は、うつを繰り返すたびに高くなる傾向にあり、初発の場合の次回再発...

返信先:@gajamarudesu 同感です。 確か初めは製薬会社がうつ病を誰にも身近に感じて貰う為のフレーズだったかと。 うつの自死を発作的病死と考える私は、致死性・再発性との対峙や病との長い共存生活など心のに等しく思います。 うつは脳疾患ですが精神の病の印象から、元気?などと患者に言わぬ様な挨拶をされますね。

Twitter鬱浪人to個独の林@内外静動養休観哲@SAC_AddRounin

返信 リツイート 4:16