タンパク質をコントロールする治療

タンパク質をコントロールする治療

タンパク質をコントロールする治療 がんを患ったとき手術や放射線治療に化学療法などが行われますが、がんのステージにより十分な結果が得られないことがあります。
特に転移がみられている人は、がんを小さくしてから手術に臨んだとしても再発してしまうことも多く、常に新しいがん治療方法の研究が行われていてどんなものが開発されているのでしょうか。

日本人の研究者が免疫細胞にある一つのたんぱく質に着目したことで、新たながん治療研究が行われています。
PD-1というタンパク質は日ごろ免疫細胞の制御をつかさどっていることがわかり、この働きをうまくコントロールすれば免疫細胞が活性化してがん細胞と戦いやすくなるという研究です。

抗がん剤の効用は、がん細胞の増殖を抑えてくれますが副作用が強く出やすく、全身に転移してしまっている場合目立った効果が現れないことがあります。
しかしPD-1をコントロールする方法であれば、免疫細胞が活発になるため全身に転移していたとしても問題ありません。
抗がん剤とは違った副作用に注意が必要で、自己免疫細胞が暴走してしまうと体に炎症を起こすことがあります。

転移がなければ一安心、抗がん治療の効用は要確認

転移がなければ一安心、抗がん治療の効用は要確認 がんは早期発見、早期治療が最も重要になります。
しかし、痛みもなく、知らず知らずのうちに進行していくがんを発見するのは簡単なことではありません。
毎年の健康診断を受けているにも関わらず、発見されたときは手遅れになってしまうことも少なくないのです。

がんには4つのステージがありますが、ポイントになるのは他の箇所に転移があるかどうかです。
転移がない場合は、まだ初期の段階であり、抗がん治療によって完治する可能性が高くなります。
どのような治療法になるかは、医師の指示に従うのが良いですが、どのような方法で抗がん治療を行うのか、薬を使うのならどのような効用のある薬なのかということも含めて、きちんと説明を聞くと安心して治療に臨むことができるでしょう。

特に、副作用が強い治療となる場合は、精神的な面でもなぜ副作用が起きるのか、きちんと理解し納得していることが大切です。
最近の多くの医師は、家族だけでなく本人にも説明を詳しくしてくれるので、不安なことがあれば尋ねてみると良いでしょう。

新着情報

◎2018/9/13

サイト公開しました

◎2018/7/24

サイト公開しました

◎2018/6/29

サイト公開しました

「癌 転移」
に関連するツイート
Twitter

転移性肝で肝切除が妥当なもの 大腸 神経内分泌腫瘍

Twitterどばい国試用アカ(情報更新停止)@nuuuuuuan

返信 リツイート 9分前

返信先:@y_sakaue2 おはようございます😸 大腸が肝臓に転移してまして、先月大腸切除の手術しました。 今後の入退院は肝臓に転移してるを小さくする為抗がん剤投与します。 どのくらいなの期間抗がん剤のお世話になるのか未定ですが根性で頑張ります✊‼️

を克服する、に負けない、を治す」それは医療の大きな目標であって欲しいけど、個に立ち返った時、は共存して生きていくものだと思う。 初発の治療の時は誰も教えてくれなかったけど、再発転移は想定内のことで、常に隣り合わせで今を生きてるのが真実。

55才。2年前直腸、一旦完治 現在極小細胞、全身転移 某大学病院にて何もしなかったら余命1年。化学療法(抗がん剤治療)したら3年に延びるかも?と言われていた患者さん。うちの食事指導に奥さんも協力してくれて、肝臓転移はほぼ数値が出なくなり肺もかなり小さくなってるとのこと❗

TwitterShu Izumi Salon 3S マネージャー日誌@salon_3s

返信 リツイート 44分前

RT @shun148: @sivad この論文に書かれていることは、症状が出た状態診断されたは症状のない状態で診断されたより再発、転移が多いのということ。これを症状が出るまで待つとリスクが高まると解釈するのは正確ではありません。症状が出て診断されると無症状で診断される

Twitterけいぶる・ぼーく@madfall1213

返信 リツイート 7:44

RT @shun148: @sivad この論文に書かれていることは、症状が出た状態診断されたは症状のない状態で診断されたより再発、転移が多いのということ。これを症状が出るまで待つとリスクが高まると解釈するのは正確ではありません。症状が出て診断されると無症状で診断される

の肉眼分類:早期胃はⅡc型(表面陥凹型)、進行胃は3型(潰瘍浸潤型)がいちばん多い。ちなみに早期胃は大きさやリンパ節転移の有無に関係なく、深達度が粘膜内または粘膜下層までとどまるもの。

RT @shun148: @sivad この論文に書かれていることは、症状が出た状態診断されたは症状のない状態で診断されたより再発、転移が多いのということ。これを症状が出るまで待つとリスクが高まると解釈するのは正確ではありません。症状が出て診断されると無症状で診断される

肝移植の適応 - 劇症肝炎 - 肝硬変 - 先天性肝・胆疾患 - 先天性代謝異常 - Budd-Chiari症候群 - PBC/PSC - 肝細胞 肝内胆管は全身に転移していることが多いため移植の適応はない。 110E22

Twitter113回医師国家試験bot@113kokushibot

返信 リツイート 1:40

RT @kahori6565: 奈々は病理の結果、左副腎が原発性のでした。脾臓腫瘍は転移したもので、今後全身に転移するそうです… 糖尿病の治療も必要です。 奈々は最初に巡り会った猫で最愛の我が子です。 奇跡を願っています… pic.twitter.com/DXuBldRCuY